【体験談の投稿者】ゆみ様
女性 35歳

私の場合、結婚して子供ができて働けなくなりました。
その時に独身時代のクレジットカードなどの返済が残っていましたが、なんとかなると思っていました。

しかし自分のお金などなく返済分を消費者金融のカードで借りて返済という日々。
そしてとうとう二枚目の消費者金融のカードを作ることに・・・
いつのまにか月の支払いが7万くらいになってしまいました。

普段からお金のことしか考えられないような生活の中で、ある日ポストに債務整理のチラシが入っていました。

電話をしてみるとコールセンターらしく、借金の額、今の状況、家族構成、年齢など事務的に聞かれました。
そしてその後男の人に代わり今度は詳しく細かいことを聞かれました。

専門家に話を聞いてもらったということで気が楽になりました。
この方に会って話をしてみようと言う気になりました。

事務所に伺った際、みなさん気さくでこちらも話しやすくて、そのときの肩の荷が下りかかったような安心感は今でも忘れられません。
もうこの方にお願いすることにしてすぐ契約をしました。

と言っても私にはお金がないので、最初に手付金を少し払いあとは払えるだけ分割でという話になりました。
任意整理だとすぐ話がつくんだけどと言われましたが、まだ数年働くことができないので自己破産の方でお願いしました。

ちょうど1年後くらいでしょうか。
とうとう裁判所で自己破産が決定しました。
私としては弁護士さんに相談に行き契約をしたその日からもう支払い義務がなくなって取立ての電話も手紙も来なくなったので、それだけで満足していました。

自分が悪いのはわかっているのですが、家族や周りに迷惑をかけ、夜も寝れないという人間らしくない生活から抜け出せたことを、今では本当にうれしく思い感謝しています。